新感覚の“すうぷ”をお届け
すうぷ屋って?

すうぷ屋は、日本初のスープ専門レストランです!

「すうぷ屋」は、1985年、日本ではじめてのスープ専門レストランとしてオープンしました。前菜、添え物、メインディッシュのおまけ……。
従来の“スープ”のイメージをくつがえすボリュームたっぷりのスープは、多くのお客さまの支持を得ています。

“スープ”じゃない。“すうぷ”です!

スープ専門店としてオープンした「すうぷ屋」ですが、そのメイン商品は“スープ”ではありません。“すうぷ”です。具だくさんの、肉や野菜などのさまざまなエキスが凝縮した“スープ”は、飲み物ではなく“食べ物”だ。そうしたこだわりから、開店当初は『新体験、食べるすうぷ』をキャッチフレーズとしていました。わたしたちは、当時の「すうぷ屋」だけのこだわりを、いまもずっと大切にしています。 

無添加・無着色で、安心です!

すうぷ屋では、ひとつひとつのすうぷを、お店で丁寧につくっています。 保存料・添加物・着色料などの力に頼るのではなく、素材そのものの味をお楽しみいただけるように工夫しました。おいしいだけでなく、お子さまからお年寄りまで、多くの方に味わっていただくことのできるすうぷを提供しています。

可愛く、楽しく!こだわりネーミングが自慢です!

コーンクリームすうぷは、「メアリーおばさんのとうきび畑」パンプキンポタージュは、「シンデレラのリムジーン25時」クラムチャウダーは、「秘密の森のスノウホワイト」 すうぷ屋のすうぷの名前は、ユニークなものばかりです。選ぶ時間も、出来上がるのを待つ時間も、食べる時間も楽しんでいただけるよう、工夫しました。